OJTのメリットは研修の機会が増えること

information

未経験OKな求人が多い!

介護現場のOJTのメリット

介護現場のOJTのメリット

介護業界では新人には先輩が一人ついてマンツーマンで仕事を教えます。仕事内容はどこの施設もそう変わりませんが、利用されている高齢者や障がい者の状況は一人一人異なるため、OJTで個別対応をしっかりと学ぶ必要があります。

介護の現場でOJTが必要な理由とは

介護の仕事は、食事の準備や清掃などの作業と利用者への個別対応に分かれています。ひとつひとつ仕事を覚えていくわけですが、「作業」はある程度やり方や手順が決められているため、覚えてしまえばそう難しいくはありません。違いがあるとすれば、ものの配置やルールくらいなので違う施設に行ってもそう時間をかけずに覚えることができます。ですが、「個別対応」は利用者一人一人の状態に合わせて行わなければならないため、事前にしっかりと指導を受けておく必要があります。
利用者の状態は年齢や性別、性格だけでなく、認知症の有無や程度、麻痺の有無や程度など実際に接してみなければ分からないことも多いため、接し方についてしっかりとOJTで学ばなければなりませんが、特に介護職が未経験の新人バイトにとっては利用者にふれること自体がはじめてで戸惑ってしまうかもしれません。ですが、事前にOJTで学ぶことができればある程度心構えができるため不安や緊張を和らげることができます。

特に施設介護では重要になる

OJTの内容やレベルは施設によってばらつきがありますが、利用者の生活を直接サポートしている施設介護ではOJTが非常に重要です。「どの人にどのタイミングで介助が必要なのか」はある程度情報がなければ適切に行うことができません。タイミングを間違ってしまったら利用者と信頼関係を築くことができなくなるだけでなく、最悪の場合命にも関わってきます。それらを回避するために、OJTを複数回行ってこまめにチェックする介護施設も少なくありません。
OJTの内容をすべて理解しクリアできてはじめて独り立ちできるわけですが、言いかえれば独り立ちできるまでは先輩が横についてしっかりとサポートしてくれるため、経験のない新人バイトにとっては心強い制度です。

OJTのメリット

OJTを行うことでさまざまなメリットが得られます。複数回に分けてOJTを行うことで研修の機会が増えますし、繰り返し行うことでより身につきやすくなるため、ただ仕事をしながら覚えていくよりも早く理解することができます。また、基本的にマンツーマンでの指導で、理解度に応じながらより細やかに指導してもらえるため、取りこぼしなく仕事を覚えられます。
さらに、OJTは指導する側にも良い効果をもたらします。分かりやすく教えることで教育力が身につくだけでなく業務に対する理解度も深めることができます。つまりOJTは新人教育や指導を行いながらも学ぶことができる機会でもあり、教わる側と教える側の双方に高い効果があります。
また、OJTはコミュニケーションを取りながら行うため必然的にコミュニケーションが活発化していき、施設内の人間関係にも良い影響を与えます。

おすすめカテゴリー 介護職の職場を知ろう! 介護職の職場を知ろう!

介護の世界で働きたい方へ!